東京八王子の歯科医院/アクロスモール八王子みなみ野2階

小児歯科

小児歯科イメージ

一見、一般歯科とそう変わりなく見えるかもしれませんが、お子様は歯医者を怖がる子が圧倒的多数。小児歯科とは、お口のケアだけでなく、お子様と向き合い、ご家族と一緒に診ていくのが小児歯科なのです。

子供の虫歯の特徴

小児歯科イメージ写真

子供の虫歯の特徴は進行が早いことです。
お子さんによってはかなりの早さで虫歯が進行します。
特に4~5歳ぐらいまでは十分に気をつけなくてはいけません。
次にあげられる子供の虫歯の特徴は年齢によって虫歯のできやすい場所に違いがあることです。
1~2歳にかけては上の前歯が、2~3歳は奥歯のかみあわせの溝、4歳頃はいちばん奥とその手前の奥歯の接している部分が虫歯になりやすいです。
6歳前後では、生えたばかりの奥歯の溝がむし歯になりやすいです。

歯を抜く必要性

小児歯科イメージ写真

乳歯は生え変わりの時期が来るとグラグラしてきて抜けてしまいます。
しかし、何らかの理由でうまく抜けなかった場合には抜いてあげる必要があります。
あごの骨の中で育っている永久歯の生えようとする方向が悪い場合には、乳歯の根が長く残ることが多く自然には抜けません。
また乳歯の根があごの骨に張り付いている場合もあります。
そういう場合も時期を見て乳歯を抜いてあげる必要があります。
そのままにしておくと永久歯の歯並びが悪くなったり、かみ合わせが悪くなります。

歯医者を嫌いになってほしくないから。
痛くない・こわくない治療を目指しています。

小児歯科イメージ写真

痛い治療や麻酔の注射は大人だっていやなものです。
ましてやお子さまだと、もっともっと怖いはず。
少しでも痛くないように、お子さまの負担が少なくなるように、当院では麻酔針を打つ前に、ジェル状の表面麻酔(予備麻酔)を行っています。
先に歯肉の表面を麻酔しておくことで、麻酔注射の針が刺さる時の痛みを極力へらすことができます。


ご予約はこちら
042-632-8101